有料メール アドレス 取得方法

有料メールアドレスを取得するまでの方法

、有料メールアドレスの取得はメールアドレスを利用できる有料サービスにお申し込むことになります。しかしその際に大きく種類が違ってきます。その違いをご覧ください。

有料のメールアドレスを利用するまでの手順

(1)サービスを見る

(2)お申し込む(無料のメールアドレスでの登録が可能です)

ここですが、申し込む際にメールアドレスが必要となります。メールアドレスをお持ちでない方は無料のメールアドレスの利用を事前に申し込まなければなりません。

(3)料金を振り込んで利用する


プロバイダーメール
プロバイダーをお申し込むことによって利用が出来るメールアドレス。

メリット:大手のプロバイダーがありますので、そちらにお申し込みをされることをおすすめします。大手の場合はプロバイダーとしての事業や他のサービス事業を運営していることが多くあり安定感があります。また知られている企業名が多いの特徴です。

デメリット:プロバイダーを変更した場合にメールアドレスの利用が出来なくなる。大手ではないとサービスが終了してしまうこともあります。

プロバイダーの名前が付いているメールアドレス以外、利用できない。プロバイダーがビッグローブならbiglobeの文字がついています。


有料メールアドレス専門のサービス
有料メールアドレス専門のサービスにお申し込むことによって利用出来るメールアドレス。

メリット:プロバイダーを変更した場合でも利用が出来る。お申込みが比較的簡単で無料でお試しが出来るサービスもあります。

デメリット:メールボックスの容量が少ない場合や、メールアドレスを提供している会社の事業がメールアドレスのみの場合もありますので経営状態が分かりにくい。突然サービスが終ってしまう場合も考えられます。


レンタルサーバーのメールアドレスサービス
ホームページを運営するためのサービスですがメールアドレスの作成・利用も出来ます。

メリット:無料でお試し利用が出来るサービスがあります。一度作成したメールアドレスを削除し、作り変えることが出来ます。またメールアドレスの作成数も10個以上作成できるサービスが多く独自ドメインと呼ばれる●●●@comや●●●@netと呼ばれるようなメールアドレスも作成出来ます。●●●@comや●●●@netなどのメールアドレスを作る場合は別途料金が必要です。

デメリット:お申込みに手間がかかります。お申し込んだ際に管理パネル(ユーザーパネル)というものがありますが、ホームページのインターネット上に載せたりするためのサービスも含まれていますので少々分かりにくいこともあります。また大手ではないとサービスが終了してしまうこともあります。


独自ドメインを取得、管理するサービスのメールアドレス
独自ドメインの取得・管理を行うサービスですが一部のサービスではメールアドレスの作成・利用も出来ます。

メリット:独自ドメインと呼ばれる●●●@comや●●●@netと呼ばれるようなメールアドレスも作成出来ます。管理画面にホームページ関連のものがないのでレンタルサーバーよりシンプルにはなるかと思います。

デメリット:上記にホームページ関連のものがないという記載をしていますが独自ドメインの管理もありますので場合によっては利用しづらいこともあります。

メールアドレスのサービスをお申し込むにあたって
見ておきたい内容

サービスのご利用には契約期間やメールアドレスでのメールの送受信方法(POPメール、WEBメール)があります。少し違いがありますのでこちらもご覧ください。

お支払い方法
(1)有料の場合、毎月の料金を支払う場合と1年単位で料金を支払う2種類の方法があります。

WEBメールとPOPメール
(1)WEBメールとPOPメール双方の利用が出来るサービスがあります。
双方利用できるサービスがおすすめです。
(2)WEBメールはブラウザを利用しメールの送受信を行います。
(3)POPメールはメールソフトを利用してメールの送受信を行います。

WEBメール
(1)WEBメールをご利用される場合はお試し利用をしてみる、またはサービス側で記載されている内容をよくご覧になられて機能を把握してください。
(2)SNSの登録専門のご利用以外にメールを送信する利用もなさる場合は、料金を支払う前にお試しとしてメール作成画面が閲覧出来た方が良い
(3)メールアドレスを拒否する設定がある方が良い
(4)自動返信が付いている方が良い(届いたメールに自動で返信してくれる機能です)
手が離せない場合などにはおすすめです.

POPメール
(1)POPメール(メールソフトで受信)を利用する場合はメールソフトによって設定内容が違ってきますので、出来る限り説明があったほうが良いかと思います。







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする