有料Mail Serve(格安)メールアドレス容量、機能、料金説明

Mail Serve(メールサーブ)とはどんなサービス?

メ―ㇽの料金は?お支払い方法は?メールボックス容量は?メール添付容量は?メール転送は?POPメールの説明はある?独自ドメインの利用は可能?メールの拒否設定は?
ウイルス対策は?提供会社情報は?と気になる部分をご紹介。

Mail Serve(メールサーブ)のメールアカウントは@e-ml.mobi、@e-ml.jpの2種類から選ぶことができ、最大で4つのメールアドレスを取得、作成することが出来ます。

メールボックス容量は@e-ml.mobiは80MB、@e-ml.jpは120MB
とメールボックスの容量は他のメールアドレスサービスと比べると少しすくないほうです。

Mail-Serve 有料Mail Serve(格安)メールアドレス容量、機能、料金説明

添付ファイルと文章の最大容量の方も3MB、5MBですのでこちらもファイル送信容量の記載がある中では少ないほうですが、お支払い方法は銀行振込・郵便振込・クレジットカードと多数あります。WEBメール、POPメールともご利用可能でパソコン、携帯(アイフォン、スマートフォン)、タブレットからのご利用も出来ます。またお申込みから7日間のお試し利用が可能です。しかしWEBメールについてはMail Serve(メールサーブ)の運営側が利用の推奨を行ってはいません。詳しくは下の項目でご覧ください。




Mail Serve(メールサーブ)へのアクセス
Mail Serve(メールサーブ)
上記のMail Serve(メールサーブ)という文字をクリックすると別ウィンドウが開きMail Serveの公式ページが表示されます。

メールアドレスのアカウントで利用できる内容が
分かれます

メールアドレスのアカウントによって以下の通りにご利用方法が分かれていますので

ご注意ください。
(1)e-ml.mobi POPメールのみ利用が出来る 980円(税別)
(2)e-ml.jp POPメール、WEBメールの2通りの利用が出来る 1,320円(税別)

メニュー
・WEB(ウェブ)メールについて
・POP(ポップ)メール、IMAP(アイマップ)メールの設定について
・お支払い方法と解約方法
・運営会社の調査
・メールアドレス機能と価格のまとめ
・Mail Serve(メールサーブ)へのアクセス

WEB(ウェブ)メールについて

WEBメールについては、Mail Serveの場合、パソコン・携帯・タブレットからWEBメールを利用してメールの送信、受信を行うことも出来ます。

WEBメールを利用する前に
Mail Serveではお試し期間というものが設けられており、お申込みをすると料金を支払らわなくても7日間の間はWEBメールについてもご利用いただけます。

その後、ご不満があればキャンセルが可能です。しかし、WEBメールのご利用については以下の通りに記載されており、ご利用の推奨はされておりません。

WEBメールの画面サンプル
Mail Serveで利用できるWEBメールのサンプル画面はありませんがMail Serve公式ページではWEBメールにオープンソースのIMPメールを採用しているとのことです。
また以下の内容が記載されていました。

WEBメールについてですが利用の推奨はされておりません

WEBメールの操作性等は、yahooメールやhotmailより劣っております。outlook等のメールソフトが利用できない場合の非常用のモノとお考えください。※@i-mail.jp系、@e-ml.mobi系、@uqwimax系サービスでは、提供しておりません。※@e-ml.jp系サービスでは、フォルダ作成等の機能に対応しておりません。

POP(ポップ)メール、IMAP(アイマップ)メールの設定
について

Mail Serveの場合、Outlook 2000・Windows outlook Express・PostPet V3・Becky! Internet Mail ver.2O・pera 7.23・AL-mail32・Android 準備中・iPhone / iPadのメール設定の説明が記載されています。*Androidの設定は準備中のままで解説はありません。

Mail-Serve 有料Mail Serve(格安)メールアドレス容量、機能、料金説明
上記に設定が載っていないメールソフトをご利用する場合にも基準となる設定が
ありますのでこちらをご利用ください。

POP3のプロトコルを利用したメールの設定
Mail-Serve 有料Mail Serve(格安)メールアドレス容量、機能、料金説明

IMAPのプロトコルを利用したメールの設定
メールアカウント@e-ml.jpのみIMAPのご利用が可能なのですが
IMAPプロトコルを利用した設定の説明についてはありませんでした。

お支払い方法と解約方法

お支払い方法は銀行振込、郵便振込、クレジットカード決済の3通りです契約に関しては年間契約のみで1か月分や3か月分のご利用などのお申込みは出来ません。

解約方法についてMail Serveの公式ページからフォームをご利用してください。
アクセス手順:Mail Serveの公式ページ→ユーザーサポート→退会手続き→フォーム

Mail-Serve 有料Mail Serve(格安)メールアドレス容量、機能、料金説明

運営会社の調査:有限会社パースアシスタントについて

Mail Serveの運営会社についての調査です。Mail Serveは2002年からメールアドレスの
サービスを行っています。

社名有限会社パースアシスタントまたはバースアシスタント
URL:Mail Serve公式ページの特定商取引法に基づく表示というページに社名が記載されていますが表示されている文字がペイントや何か画像を表示されるもので作られており文字も小さくよく見えません。

そのため、会社名のの部分がなのかどちらか明確ではありませんが会社名の一部をパと仮定します。

またMail Serveには本店が存在しています。その本店の住所は京都市という表示のみで詳細な住所がありません。

インターネット上で有限会社パースアシスタントの名前で検索すると、SEO関係、HP作成の他会社が表示され、その会社の住所が京都市になっていますのでおそらくこちらだと思いますが

有限会社バースアシスタントの支店情報を確認すると、滋賀センター以外の記載がありません。以下は有限会社バースアシスタントのページです。http://www.tsurukame.net/company/index.htm

資本金記載がありません
従業員記載がありません
設立記載がありません
取扱業務メールサーブ部についてはメールアドレスサービスのみ




メールアドレス機能と価格のまとめ

メールアドレスの価格、機能については以下の通りになります。複数のメールアドレスサービスからメールの基準を設けて利用できる、利用できないという項目を作成し紹介しています。

メールアドレスご利用料金、個数、メールボックス容量など
お試し利用についてお試しでのご利用可能です。ご入金期限は、翌週の金曜日までとさせて頂いておりますので、1週間ご利用頂き、ご満足頂けなければキャンセルしてください。
メールアドレスアカウント名@e-ml.mobi@e-ml.jp
取得出来るメールアカウント数1契約に1個1契約に1個から4個
初期費用ありませんありません
料金/年額980円(税別)1,320円(税別)

3,960円(税別)

メールボックス容量80MB120MB
独自ドメインの利用ご利用できませんご利用できません
送信媒体、受信媒体パソコン、携帯、タブレットパソコン、携帯、タブレット
利用形態POPメールの利用が可能
WEBメールの利用は不可能
POPメールの利用が可能
WEBメールの利用が可能

記載内容はMail Serveのヘルプの閲覧や、実際の設定に記載されている内容をそのまま掲載、あるいはこちらの解釈で掲載しています。

(1)このフォルダの振り分けについては、例えば仕事用というフォルダを作り、そのフォルダにメールを自動、または手動で移動させることを指しています。

添付ファイルと文章の最大容量@e-ml.mobiは3MBまで
@e-ml.jpは5MBまで
メール転送ご利用は出来ます 5か所の設定が可能です。
受付通知説明はありません
ウイルスフィルターご利用が可能です
スパム(迷惑メール)対策ご利用が可能です
自動応答ご利用は出来ますが、西暦月日、ドメイン指定などが出来るといった説明はありません。
フォルダの作成@e-ml.jpについてはフォルダの作成はできないという説明があります。
フォルダ振り分け(自動)(1)上記の内容だと@e-ml.jpについてはフォルダ自体が作成できませんので出来ません。@e-ml.mobiについては不明です。
フォルダ振り分け(手動)(1)上記の内容だと@e-ml.jpについてはフォルダ自体が作成できませんので出来ません。@e-ml.mobiについては不明です。
メール受信拒否説明はありません
メール受信設定説明はありません
未確認メール保持期限期限はありません

フォローする