有料mbox.co.jpメールアドレス容量、機能、料金説明

mbox.co.jpメールアドレスサービスについて正直に言うと
掲載しなくても良いとは思います。理由は料金が高い

・POPメールのみ利用できる
・POPメールの設定説明がメールソフトごとにない

といった有料メールアドレスサービスで
アイフォン、アイパット、スマートフォン(iPhone / iPad / Android )などの

ご利用についてもmbox.co.jp公式ページでは一切記載がありませんので
携帯でのご利用はおすすめは致しません。

掲載をこちらでしてもご利用されたい方はいらっしゃらないとは思いますが、
Google、yahoo、bingで有料メールアドレスサービスを検索し、

このmbox.co.jpの存在を知っている方がいるかもしれません。box番号27 有料mbox.co.jpメールアドレス容量、機能、料金説明
こちらのサイトでは可能な限り有料メールアドレスサービスを
掲載したいので、このサービスも掲載しています。







mbox.co.jpメールへのアクセス
mbox.co.jp
上記のmbox.co.jpという文字をクリックすると別ウィンドウが開き、
mbox.co.jpの公式ページが表示されます。

料金プランはメールの受信のみと通常のメールアドレスに
分かれます

(1)メール受信が出来る・メール送信が出来る 5,400円(税別)
(2)メール受信のみが出来る 3,240円(税別)
また2017年時点で公式サイト自体はありますがお申込みが出来るかどうかもわかりません。
*WEBメールについてはご利用出来ません。

POP(ポップ)メール、IMAP(アイマップ)メールの設定
について

(1)POP3のプロトコルを利用したメールの設定
mbox.co.jpではPOPプロトコルを利用した設定が
可能ですがOutlook Express、Outlook 2000・Windows outlookなど
各メールソフトの設定説明というのが、まったくありません。

またPOPプロトコルを利用した設定説明自体も申し込みんだ方のみ
(ユーザーページのみ)に記載れているようです。

(2)IMAPのプロトコルを利用したメールの設定
IMAPメールについては説明がありません。ご利用自体が出来ないようです。

box番号27 有料mbox.co.jpメールアドレス容量、機能、料金説明

運営会社の調査:記載がありません

mbox.co.jpはSmoug Mai等とl同様にサービス開始日や会社概要や特定商取引法に基づく表示という内容のページがmbox.co.jpには見当たりません。どれくらいの規模の会社がサービスを提供しているのか?ということで調査をおこなっています。利用の判断基準の1つとしてご覧ください。

会社の存在確認 https://全国法人データベース.com/に掲載されておりません
社名
記載がありません
URL:
記載がありません
資本金
記載がありません
従業員
記載がありません
取扱業務
記載がありません
住所
記載がありません

お支払い方法と解約方法

お支払い方法
お支払い方法はクレジットカードのみです。契約に関しては年間契約のみです
1か月分や3か月分のご利用などのお申込みは出来ません。

解約方法
解約方法はユーザー専用ページにログインを行いメールアドレスの削除をします。







メールアドレス機能と価格のまとめ

メールアドレスの価格、機能については以下の通りになります。複数のメールアドレスサービスからメールの基準を設けて利用できる、利用できないという項目を作成し紹介しています。

今回はmbox.co.jp公式のページに記載されている内容になります。

メールアドレスご利用料金、個数、メールボックス容量など
お試し利用について お試しでのご利用は出来ません
メールアドレスアカウント名 @mbox.co.jp @mbox.co.jp
取得出来るメールアカウント数 1契約に1個
実際に取得おこなったメールアドレス 今回は取得例となります。mail@mbox.co.jp
契約後のメールアドレスの変更について 説明がありません
契約後のメールアドレスの追加に関して 説明がありません
プラン メール受信のみ メール送信可能、メール受信可能
初期費用 ありません
1年間の料金 3,240円(税別) 5,400円(税別)
料金のお支払いの仕方 1年契約の料金を一度にお支払いすることに対応しています。月払いには対応していません。最低利用期間は、利用申込時から1年とします(利用規約に記載)
領収書の発行について 受領書、或いは領収書の発行は致しません(利用規約に記載)
メールボックス容量 10MB 10MB
メールボックスの容量を最大限まで利用した場合の対策 POPメールの場合はメールを受信することでメールサーバーにメールが残りませんので容量が戻ってきます
独自ドメインの利用 ご利用できません
送信媒体、受信媒体 パソコンのみ
利用形態 POPメールの利用が可能 POPメールの利用が可能、WEBメールの利用は不可能
送信暗号化・受信暗号化 受信の場合のみ 送受信でご利用が可能です

実際に申し込みをおこなっていませんので今回はmbox.co.jp公式のページに
記載されている内容になります。

mbox.co.jpの場合、WEBメールが利用できません。
そのためPOPメールでご利用できる内容までを記載しています。

添付ファイルと文章の最大容量 説明がありません
メール転送 5か所の設定が可能です
受付通知 説明がありません
ウイルスフィルター 説明がありません
スパム(迷惑メール)対策 説明がありません
未確認メール保存期限 説明がありません。未確認メールとは閲覧されていないメールのことを指します

mbox.co.jpメールへのアクセス
mbox.co.jp
上記のmbox.co.jpという文字をクリックすると別ウィンドウが開き、
mbox.co.jpの公式ページが表示されます。

フォローする