有料携帯向けMoCoメールアドレス容量、機能、料金説明

gooメールと同様、設定したメール内容により自動でフォルダを振り分けることが出来ます。その他に自動消去機能があり ONにすると容量超過時に古いメールから
削除し受信をおこなったり、その他にも機能があり多彩なサービスで

メールボックスは5GBまでとメールボックスの容量が大きいのも特徴です。
サービスはPOPメールのみですがWEBメールに近いサービスで

独自にメーラーがあるようです。またパソコンからもご利用は出来ますが、
携帯からのご利用を主体にしています。
MoCo番号210 有料携帯向けMoCoメールアドレス容量、機能、料金説明

パスワード管理
パスワードに関してセキュリティが高くログインの際にパスワードを3回間違えるとロックがかかり24時間利用が不可能になります。
このセキュリティはこちらで掲載しているサービス全体でMoCoだけのサービスです。




MoCoメールへのアクセス
MoCo
上記のMoCoという文字をクリックすると別ウィンドウが開き、
MoCoの公式ページが表示されます。

WEBメール、POPメールなどのメールアドレスの機能をご紹介

簡単にですが項目をご紹介しています。メールアドレス機能については基準を作成していますので、こちらで紹介を行っている他のメールアドレスサービスと比較を行うことも出来ます。

MoCoはパソコンからのWEBメールのご利用も出来ますが携帯からのご利用を中心としています。MoCo自体も携帯からお申込みいただいて携帯、およびパソコンからWEBメールをご利用するシステムになっているようです。

WEB(ウェブ)メールについて

MoCoの場合はお試し利用が可能ですので実際にどのようなWEBメールの画面設計になっているか閲覧することが出来ます。

WEBメールの画面サンプル
ありません。

重要
MoCoメールの場合、POP機能と呼ばれていますが独自のメーラーによるもので受信を行うため、WEBメールもPOPメールも同じなのかもしれません。IMAPについても説明がありません。

POP(ポップ)メール、IMAP(アイマップ)メールの設定
について

POPメールが利用できる場合、設定説明の内容をメールサービスごとにご紹介していますが
MoCoではメールソフトの設定が必要ありません。

携帯からなら決まった時間に受信をしてくれるPOP機能
MoCoの携帯からのサービスについてはアクセスをしなくても

設定した毎時間に自動的にメールの場合は受信をしてくれます。
忙しい方やメールの受信が面倒な方にはお勧めのサービスです。
MoCo番号210 有料携帯向けMoCoメールアドレス容量、機能、料金説明

メールアドレス等の管理はパソコンからでも可能
MoCo番号210 有料携帯向けMoCoメールアドレス容量、機能、料金説明

お支払い方法と解約方法

お支払い方法
ご利用されている携帯会社により異なります。

通話料同時課金 (SoftBank/au)
クレジットカード (DoCoMo/スマートフォン)
銀行振込 (DoCoMo)

クレジットカードについては
・VISAカード
・AMEXカード
・JCBカード
・Masterカード
・DINERSカード

※ソフトバンクモバイル版、au版をご利用の場合は公式サービスですので、
MoCo登録時に有料登録を行なっていただきます。
お支払いは毎月の通話料金と合わせてご請求させて頂いております。

解約方法
ご利用の携帯電話から、http://moco.jp/へアクセスし、「解約」から
お手続きをお願いいたします。

運営会社の調査:株式会社アイ・エム・デイについて

MoCoは1999年からメールアドレスのサービスを行っています。どれくらいの規模の会社がサービスを提供しているのか?ということで調査をおこなっています。利用の判断基準の1つとしてご覧ください。

会社の存在確認https://全国法人データベース.com/に掲載されております
社名株式会社アイ・エム・デイ
URLhttps://imd.jp/company.html
資本金1,000万円
従業員8名
設立会社設立:1996年9月3日 メールサービス開始:1999年
取扱業務健康関連システムの研究・開発・運用業務
食品栄養データ構築システムの研究・開発・運用業務
健康・医療の高度情報連携システム開発・運用業務
医療情報解析システム開発
移動体関連システムの開発/コンサルティング業務
無線関連システムの開発/コンサルティング
メッセージング関連システムの運用業務
位置連携システムの研究・開発・運用業務
住所東京都港区麻布十番2-19-4 シルバープラザ麻布十番501




メールアドレス機能と価格のまとめ

メールアドレスの価格、機能については以下の通りになります。複数のメールアドレスサービスからメールの基準を設けて利用できる、利用できないという項目を作成し紹介しています。

今回はMoCoメール公式のページに記載されている内容になります。

メールアドレスご利用料金、個数、メールボックス容量など
お試し利用について正会員登録前に2週間試用(無料)できます。
試用後でも正会員登録(有料)をしていただくとメール情報等は引き続きご利用頂けます。お申込みは携帯電話からとなります
メールアドレスアカウント名@moco.ne.jp
実際に取得おこなったメール
アドレス
今回は取得例となります。mail@moco.ne.jp
取得出来るメールアカウント数1契約に1個
契約後のメールアドレスの変更についてQ:登録したメールIDを変更したいという質問があります。A:ユーザ情報より変更可能です。変更後は、古いブックマークがご使用できなくなりますので、ご注意ください(よくある質問集に記載)あくまでメールIDという名称なので、この答えでメールアドレスが変更できるということになるのかがわかっていません
契約後のメールアドレスの追加に関して説明がありません
初期費用ありません
1年間の料金2,400円(税別)
料金のお支払いの仕方月額払いに対応しています。1か月間ごとに200円(税別)をお支払いされるシステムです(よくある質問集に記載)
領収書の発行について領収書の発行はお受けしておりませんのでご了承お願い致します。お振込時の振込み明細書等をご利用ください(よくある質問集に記載)
メールボックス容量5GB
メールボックスの容量を最大限まで利用した場合の対策メールの削除をしてください。その作業で容量が戻ってきます
送信媒体、受信媒体パソコンと携帯出の利用が可能、タブレットについては記載がありません
利用形態POPメールの利用が可能
WEBメールの利用が可能。独自のメーラーという解釈になるかもしれません
送信暗号化・受信暗号化ご利用が可能です

MoCoの場合、独自のメーラーによるもので受信を行うためWEBメールもPOPメールも同じなのかもしれません。

実際に申し込みをおこなっていませんので
今回はMoCo公式のページに記載されている内容になります。

添付ファイルと文章の最大容量正会員の場合30MB お試しの場合10MB
受付通知【 通知設定の種類 】
1.フォルダ毎にメール着信毎
2.フォルダ毎にアクセス後最初の一通
3.OFF
【 通知内容の設定 】1. 本文リンクのみ (アクセス URL を通知)
2. 本文のみ
3. 本文及びアクセス URL を通知
ウイルスフィルター受信メールサーバにて対応 (graylist)
■ http://www.ordb.org/ を参照 (登録されている中継メールサーバを拒否)
■ 迷惑メールアドレス登録 (ゴミ箱へ直行)
■ 英語メールフィルター(β版)
スパム(迷惑メール)対策迷惑メールはメールの受信拒否で対処してください
アドレス帳(名前・メールアドレス登録)100件まで登録が可能です
メール内の検索キーワード入力、時間検索
自動転送受付通知の項目で対応できています
自動応答利用は出来ますが、西暦月日、ドメイン指定などが出来るといった説明はありません
フォルダの作成フォルダの追加はできないようですが既に10件あり、名前の変更をおこなうことのみできるようです
フォルダ振り分け(自動)フォルダ毎に20件の指定可能 (条件の and/or の選択可能)
フォルダ振り分け(手動)説明はありません。利用が出来る可能は高いです
メール受信拒否設定受信拒否という項目はマニュアルにはありませんが迷惑メール解除設定という項目の説明の中に受信拒否設定を行ったメールの拒否条件を解除する機能という説明がありますので、ご利用は可能だと思います
メール受信許可設定説明がありません
未確認メール保持期限説明がありません。未確認メールとは閲覧されていないメールのことを指します
メールの保存件数メールの保存は2000件まで(他のメールアドレスサービスではこの保存件数というのはめったにありません)

MoCoメールへのアクセス
MoCo
上記のMoCoという文字をクリックすると別ウィンドウが開き、
MoCoの公式ページが表示されます。

フォローする