ムームーメールの料金、メリット、デメリットのご紹介

ムームードメインメール関連情報

ムームーメール(muumuu-mail)とはムームードメイン(muumuu-domain)と呼ばれる独自ドメインの取得、維持、移管が行えるサービスの運営をおこなっているGMOパペポ株式会社が提供をおこなってるサービスです。

メールアドレスは「@」以降の文字列を変更することができませんが、独自ドメインを利用することで「@」以降を●●●@▲▲▲.comや●●●@▲▲▲.netや●●●@▲▲▲.infoや●●●@▲▲▲.jpに変更できます。

ムームーメールについて

メールアドレスの作成数は無制限、オリジナルのWEBメールの利用、POPメール(メールソフト)の利用可能。メールボックスの容量は全体で30GBとGmailが15GBの容量なので2倍となっています。

ムームーメールオリジナルWEBメールやGmail、Outlook、thunderbird(メールソフト)Sylpheed(メールソフト)、携帯/アイパット(iPhone、iPad、GALAXY、Xperia)などでも設定をおこなうとご利用できます。

 

料金について

ムームーメールをご利用される場合の費用は(A)取得をおこなった独自ドメインの料金(1年目は取得料金、2年目以降からは更新料金)と(B)ムームーメールサービスの1,310円(税込)が発生します。(A1)独自ドメイン.comの場合は、1年間の利用が有効な取得料金:990円(税込)(取得料金は変動する場合があります)2年目からの更新費用は1,628円(税込)になります。

(A2)独自ドメイン.netの場合は、1年間の利用が有効な取得料金:1,210円(税込)(取得料金は変動する場合があります)2年目からの更新費用は1,628円(税込)になります。

(A3)独自ドメイン.infoの場合は、1年間の利用が330円(税込)(取得料金は変動する場合があります)2年目からの更新費用は1,848円(税込)になります。

ムームードメインの公式サイトにも料金の説明が記載されていますのでご確認ください。

 

ムームーメールの作成と使用方法

ムームーメールはムームードメインでユーザー登録(説明ページ)をおこなった後に独自ドメインを取得した際にメールアドレスの利用も同時に申し込む(説明ページ)ことでご利用が可能なります。

もしくはムームードメインで独自ドメインを取得されている場合は独自ドメインの取得をおこなっているユーザーアカウントを利用してムームーメールサービスのみを申し込むことでご利用が可能なサービスです。

ムームーメールでメールアドレスの作成をおこなう場合は、ムームードメインのコントロールパネルから独自ドメインを利用したメールアドレスの作成(説明ページ)でおこないます。作成をおこなったメールアドレスは削除(説明ページ)をおこなうことも可能です。各メールアドレスのパスワードを紛失された場合は再設定(説明ページ)をご覧ください。

1回のメールの送信、1回のメールの受信の最大サイズは添付ファイルも含めて100MBとなります。メールソフトを利用された場合も1回のメールの送信、1回のメールの受信最大サイズは100MBまでと同じです。

また受信ができない、メールが送信できないといったトラブルが発生した場合は、ムームードメイン公式サイトの一番下から障害発生・メンテナンスの情報のページにアクセスができる項目があります。こちらのサイトでもムームーメールの障害発生についてまとめているページがあります。

WEBメールの利用について

ムームーメールへのログイン(説明ページ)をおこなってからWEBメールを利用しメールの送信メールの受信をおこなえます。設定は差出人名・署名設定、メール受信設定、自動返信、転送設定、受信拒否設定、受信許可設定がおこなえます。

 

 

メールソフトの設定について

POPサーバー、IMAPサーバー、SMTPサーバーを利用してメールソフトの設定をおこなうことでご利用が可能です。こちらで設定をおこなってメールの送信、メールの受信が確認できているのはGmailの設定(説明ページ) thunderbird(メールソフト)の設定(説明ぺージ) Sylpheed(シルフィード)(説明ページ)

ムームーメール公式サイトではWindows8メールの設定  Mac OSX Mail(ver.10.9~)の設定 iPhoneのメールの設定  iPadのメールの設定 GALAXYのメールの設定 Xperiaのメールの設定 K9 Mail (Android) の設定

 

メリットについて

メリットはレンタルサーバーを利用しない、無制限にメールアドレスが作成できる、ムームーメールに使用をされなくなった独自ドメインはレンタルサーバーに使用ができます。

 

(1)プロバイダーを利用しない
プロバイダーが提供をおこなうメールサービスではないので、プロバイダーを変更された際の影響をうけません

(2)レンタルサーバーを利用しない
レンタルサーバーを利用しないのでブログやSNSを利用されている場合でオリジナルのメールアドレスがほしい方にはおすすです。

(3)無制限にメールアドレスが作成できる
レンタルサーバーでメールアドレスを作成する場合は無制限の場合がありますが、メールアドレスのサービスという範囲で無制限にメールアドレスが作成できるサービスはあまりありません。

(4)ホームページに利用ができます
ムームーメールに利用をしなくなった独自ドメインはレンタルサーバーに設定をおこなえます。

デメリットについて

ムームーメールの申し込みには独自ドメインを取得される際の知識が多少必要だとお考えてください。WEBメールにはGmailやOutlookと比べるとデメリットがある、メールボックスの容量確認ができない、ムームーメールとホームページを併用される場合は知識が必要、またリスクがあるといった点があります。

企業用、個人事業用、プライベートでご利用ができるかはデメリット部分をご確認ください。個人的な感想としてはプライベート用か既にブログやSNSを利用されている方向けだと思います。

 

(1)ムームードメインで取得をおこなった独自メイン以外は利用できません
例えばお名前ドットコムで取得をおこなった独自ドメインは使用が不可能です。ムームードメインで取得をおこなった独自ドメインのみムームーメールでご利用が可能です。

(2)ムームーメールの申し込みには知識が必要です
ムームーメールの申込みには独自ドメインの取得の知識が必要となります。解説をおこなっていますので独自ドメインを取得した際にメールアドレスの利用も同時に申し込む(説明ページ)をご覧ください。

(3)WEBメールの機能の一部について
WEBメールのご利用にはGmailやOutlookなどに比べるとメールの検索ができない、別ウィンドウが利用できないなどのデメリット部分がありますので、送信メール(説明)と受信メール(説明)をご覧ください。WEBメールのデメリットについてはメールソフトに設定をおこなうことで改善もできます。

(4)容量が確認できません
メールボックスの使用容量が30GBとありますがどこまで使用をおこなっているか表示の確認はできません。容量を元に戻すためにはメールアドレス自体の削除をおこなう手段もありますが、

(4‐1)WEBメールを利用した容量について
WEBメールをご利用される場合で、容量を元に戻すためにはWBEメールを利用した際に受信メールを削除する、送信済みメールを削除する方法と取ります。

(4‐2)メールソフトを利用した容量について
メールソフトをご利用される場合で、容量を元に戻すためにはメールの受信をおこなった後にメールサーバーから数日後もしくは受信をおこなった際に、メールサーバーから削除をおこなう方法をとります(メールソフトの設定では●日後にメールサーバーから削除をおこないますという設定が自動でされています)

(5)ムームーメールとホームページの併用について
ムームーメールをご利用される場合、取得をおこなった独自ドメイン(gyousei-yamada.com)をムームーメールに利用されると独自ドメインを利用したホームページのURLには(https://gyousei-yamada.com)利用ができなくなります。

しかしムームーDNS設定のMXレコードを変更することによってムームーメール(gyousei-yamada.com)に利用をおこなってる独自ドメインをホームページのURL(https://gyousei-yamada.com)に併用ができる可能性もあるようですが細かい設定になりますのでリスクが発生すると考えたほうがいいとは思います。*こちらが取得をおこなっている独自ドメインを例にしています。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました