ムームーメールSPF設定 送信されたメールを迷惑メールと判断されないようにする方法

SPF設定が行われていない場合、セキュリティの高い会社にメールを送ると迷惑メール扱いをされる、もしくはメール自体が弾かれて迷惑メールフォルダにも入らない状態になります。

SPFとは?

Sender Policy Framework(センダー・ポリシー・フレームワーク)とは、電子メールにおける送信ドメイン認証のひとつである。差出人のメールアドレスが他のドメイン名になりすましされていないか検出する技術である。 SPFまたはSPF認証とも呼ばれる。

メールアドレスのなりすましの対策のひとつとして、SPFが登場した。これはIPアドレスの詐称は難しいという前提のもとに策定されており、

原則として、DNSサーバ上に記載される情報を取得するだけで、認証を完了できる。SPF対応したドメインにするには、そのドメインが属するDNSサーバ内のゾーンファイルに、 SPFレコードと呼ばれる構文を追記することで容易に実装できる。

SPF設定がおこなわれているのかを確認するには、実際にムームーメール(muumuu-mail)に申し込みをおこなってメールアドレスを取得し

SPF設定がおこなわれているかを判断ができるメールアドレスにメールの送信をおこなう必要がありますがここからはムームーメールアドレスと他社のメールアドレスを利用しSPF設定について比較をおこなってみます。

送信元という部分の横の公開をおこなった方が、違いがわかりやすいかと思いますので、ここで公開ができるサーバーメールアドレスと呼ばれるものを1個利用します。

サーバーメールアドレスと呼ばれるものは自社サーバーもしくはレンタルサーバーで独自ドメインの設定をおこないメールアドレスの作成をおこなったものを指します。

(1)SPF設定がおこなわれている独自ドメインの場合
今回はロリポップ!レンタルサーバーからメールの送信をおこないますが、ロリポップ!レンタルサーバーの場合は独自ドメインの設定をおこなった際、もしくはメールアドレス作成をおこなう際にSPF設定が自動でおこなわれているようです。そのためメールの送信をおこなうと

  1. SPF設定がおこなわれている場合は左のマークに人型の表示がされている状態になります。
  2. SPF設定がおこなわれている場合は送信元という項目にn-frontier.com(こちらの部分は独自ドメイン(ドメイン)によって違います)がされている状態になります。

(2)SPF設定がおこなわれていないムームーメールアドレス(独自ドメイン)の場合
ムームーメールで作成をおこなったメールアドレス(例:mail@gyousei-yamada.com)は自動でSPF設定がされません。そのためメールの送信をおこなうと

  1. SPF設定がされていない場合は?というマークが表示がされている状態になります。
  2. SPF設定がされていない場合は送信元という項目がなくドメインの表示がされていない状態になります。

ムームーメールアドレスのSPF設定方法

ムームーメールアドレスにSPF設定をおこないます。SPF設定はそれぞれのメールアドレスにおこなうものではなく独自ドメインに1回のみ設定をおこないます。手順については(1)ムームードメインにログイン後に(2)コントロールパネルを表示(3)ムームーDNSをクリック(4)表示がされた独自ドメインの表示の変更をクリック(5)設定2のNo2の種別をTXTを選択(6)内容にv=spf1 include:_spf.muumuu-mail.com ~allを入力後、(7)セットアップ情報変更をクリックし保存をおこなえば終了です。

下で詳細な説明をおこなっています。こちらもSPF設定を初めておこなったので少し緊張はしましたが、設定は間違えてもやり直せますので落ち着いておこなってください。

手順1:ムームードメインのログイン
ムームードメインにログインをおこなっている状態の場合は手順3に移動されてください。「ログイン」という表示をクリックします

 

手順2:ログインをおこないます
ムームーID(メールアドレス)とパスワードを入力し「ログインする」という表示をクリックしてください。

 

手順3:ムームーDNSをクリック
コントロールパネルの表示が行われている状態です。左側の項目からムームーDNSという表示をクリックしてください。

 

手順4:ムームーDNSのセットアップ情報変更
ムームーメールで使用されている独自ドメインが表示されている状態です。処理という下の変更という表示をクリックしてください。

手順5:カスタム設定のセットアップ情報変更ページの表示
カスタム設定のセットアップ情報変更というページが表示されます。一番下に設定2という項目がありますので、そちらに移動します。

 

手順6:設定2 (SPFの設定方法 種別)
No2の種別でTXTを選択します。

手順7:設定2 (SPFの設定方法 内容の入力)
No2の内容でv=spf1 include:_spf.muumuu-mail.com ~allを入力もしくはコピーしペーストで貼り付けてください。

 

手順8:確認です
設定は以下の通りになります。

サブドメイン 種別 内容 優先度
No1 MX mx01.muumuu-mail.com 50
No2 TXT v=spf1 include:_spf.muumuu-mail.com ~all

手順9:設定を保存します
SPFのコードを入力後にセットアップ情報変更という表示をクリックしSPFのコード変更の保存をおこなえば終了となります。

 

手順10:設定の終了後
戻るをクリックされるかブラウザを閉じられても問題はありません。

SPF設定後に確認をしてみます

SPF設定をおこなった後に送信テストをおこなっています。受信側で確認をおこなった際に送信元という部分にgyousei-yamada.comという表示がされました。

今回SPF設定をおこないましたが受信側が迷惑メールと判断し迷惑メールの対策をおこなった場合は迷惑メールフォルダに入るといったことは起きます。

追記になりますがMSNが運営をおこなっているOutlookにもメールの送信をおこなっています。Outlookの場合は迷惑メールに判定される可能性が高いかもしれません。あらかじめ迷惑メールに判定をされる想定で行動をおこなってください。

コメント