ムームーメール 転送設定方法と解除方法と設定ができない場合

ムームーメールには転送という機能があります。転送とは?の説明、転送設定例、転送設定解除、転送設定ができない、転送後のメールに関する設定で受信トレイにメールを残す、残さないの説明をおこなっています。

転送メールとは?

転送メール機能はムームーメールで作成をおこなったメールアドㇲに届いたメールを他のメールアドレスに送信する機能です。意外に便利な機能なので覚えておいて損はないかと思います。

転送メール例としてムームーメールアドレスに届いたメールをGmailの●●●●@gmail.comに転送をおこないGmaiでメールを見ることもできます。先にGmailのメールアドレスの取得をおこなう必要があります。

転送メール例としてムームーメールアドレスに届いたメールをOutlookの●●●●@outlook.comに転送しOutlookでメールを見ることもできます。先にOutlookのメールアドレスの取得をおこなう必要があります。

転送という機能ではありませんがムームーメールアドレスをGmailの場合は「アカウントとインポート」という項目から設定をおこなえば、Gmailの画面と機能を利用してメールの受信、メールの送信をおこなう方法もあります。Outlookでもそういった方法があります。

転送メールの設定方法

ムームーメールにログインをおこなって転送をおこないたいメールアドレスの選択をおこないます。WEBメール画面が表示されたら、右上のΞをクリックすると設定画面が表示されます。設定画面から転送設定という表示をクリックし、

転送項目で転送先のメールアドレス(GmailメールアドレスやOutlookメールアドレスやサーバーメールやプロバイダーメール)を設定し、転送後のメールに関する設定についてWEBトレイにメールを残す、残さないという設定をおこないます。

ここから下に詳細な説明をおこなっています。

手順1:ムームーメールログインをおこないます
ムームーメールにログインをおこないます。ログインをおこなったことがない方はこちらをご覧ください。

手順2:転送設定をおこないたいメールアドレスの選択
転送設定をおこないたいメールアドレスの左をクリックします。ログイン方法の仕方によってはこちらのメールアドレスの選択項目はありません。

手順3:Ξをクリック
WEBメールが表示されたら右上の「Ξ」という表示をクリックしてください。

 

手順4:環境設定をクリック
Ξをクリックすると環境設定という表示をクリックしてください。

 

手順5:転送という表示をクリック
環境設定が表示されますので、転送という表示をクリックしてください。

手順6:転送設定

転送先のメールアドレスを入力し(A)メールアドレスの登録という表示をクリックしてください。下の画像にはGmailのメールアドレスを入力をおこなっています。

 

手順7:転送後のメールに関する設定
その後に転送後のメールに関する設定で受信トレイに残さないをクリックし○を◎の状態にしたまま(B)保存という表示をクリックしてください。

転送後のメールに関する設定の説明についてはこちらのページの下で詳細説明をおこなっています。

 

転送先設定が上手くいかない(できない)場合

転送先のメールアドレスの入力後に(A)のメールアドレスの登録という表示をクリックせずに、(B)の保存という表示をクリックされた場合はメールアドレスの登録がおこなわれません。

転送先のメールアドレスの登録がおこなわれないと転送メールがご利用できませんのでご注意ください。

転送後のメールに関する設定について

受信トレイにメールを残す、受信トレイにメールを残さない選択というのは、転送をおこなったメールをムームーメールに保存しておくかという内容です。

ムームーメールの場合はメールボックス容量が30GBありますが、転送をおこなったメールをムームーメール側に保存されていく場合、メールボックス容量は減っていきます。そのため転送をおこなったメールは受信トレイに残さないという選択をするのがおすすめです。

受信トレイにメールを残す場合は、ムームーメールにログインをおこなってWEBメールからメールの削除をおこなう行動を定期的にとらないとメールボックスの容量30GBに到達しメールが受信できない状態になってしまいます。

 

転送メールの設定解除方法

転送先に登録をおこなったメールアドレスにマウスのカーソルを近づけると、登録をおこなったメールアドレスの横の×マーク赤い×マークに変化します。

その際に赤い×マークをクリックすると、メールアドレスの解除がおこなえます。

 

 

コメント