ムームーメール料金1320円、作成、評判、WEBメールサンプル

ムームーメールの料金詳細、申込み方法、WEBメール機能、セキュリティについて

レンタルサーバーや独自ドメインの取得・維持管理をおこなえるGMOパペポが運営をおこなっているメールサービスです。ムームーメールとは

会社の存在確認 GMOインターネットの子会社でウィキペディアにも情報が記載されています。GMOペパボ株式会社 (pepabo.com)
設立日/住所・/ 資本金
2003年/ 〒150-8512 東京都渋谷区桜丘町26番1号 セルリアンタワー4F/ 2億6,222万円(2020年12月末時点)
従業員数
単独 332名、連結 355名(2020年12月末時点)
取扱業務
ホスティング事業:ロリポップ!レンタルサーバー、ヘテムル、ムームードメイン、30days Album™、おさいぼ EC支援事業:カラーミーショップカラーミーリピート、グーペ、SUZURI(スズリ)、Canvath(キャンバス) ハンドメイド事業:minne(ミンネ)
ムームーメールの利用について
実際に申し込みをおこなって情報を掲載しています。



独自ドメインを利用してメールアドレスの作成をおこないます

ムームーメールは独自ドメイン1個につき無制限でオリジナルのメールアドレスの作成が可能です。メールアドレスの作成にはムームードメインで独自ドメインcomや.netや.infoや.biz.や.jpなどの取得をおこなう、既にムームードメインで独自ドメインを取得済み、お名前ドットコムや他社で独自ドメインの取得および所持をおこなっている場合はムームードメインに移管済みのいずれかになります。

ムームーメールではマルチドメイン20個までという説明がありますが独自ドメイン1個を利用することで残りが19個となり、独自ドメイン20個までメールアドレス作成に使用ができるということになります。

ムームーメールのお申し込み例

  1. ムームードメインで独自ドメインの取得をおこなうにはムームードメインにアクセスをこなってムームーIDの登録後にムームードメインにログインをおこない独自ドメインの取得(例)gyousei-yamadaし、独自ドメインのお支払いをおこないます(独自ドメインは法人、個人でも可能です)
  2. ムームードメインにログインをおこなった状態でコントロールパネルからムームーメール一覧をクリックしムームーメールサービスに申し込みをおこないムームーメールの料金をお支払いをおこないます。
  3. その後、コントロールパネルからムームーメール一覧をクリックしmail@gyousei-yamada、info@gyousei-yamada、01@gyousei-yamadaなどのメールアドレスの作成できる仕組みです。

ムームーメール メールアドレス作成例

料金は組み合わせで変動しますので高くなる場合があります

ムームーメールの料金には初期費用は発生しません。年間のお支払い金額は1,320円(税込)、月額計算の場合は110円(税込)です。(2020年3月1日改定前:600円税抜)独自ドメインの利用をおこないますので独自ドメインの取得料金もしくは更新(維持)料金も発生します。

ムームーメールサービスのお支払いと更新について

  1. クレジットカード払い(VISA/Master/JCB/Diners/AMERICAN EXPRESS)
  2. おさいぼ払い(ポイントをコンビニ決済、銀行振込、クレジットカードなどで購入はできますが使用に関してはGMOペパボ株式会社が提供をおこなっているサービスのみお支払いが可能で商品の購入などには使用できせん)、
  3. Amazon Pay払い
  4. お支払いについては月額払いはありません。年間払いのみです。

ムームーメールサービス 料金

また独自ドメインは1年目に取得料金という費用がかかり、2年目以降からは更新料金(維持)という名目で費用が必要です。取得ができる独自ドメインの種類は豊富ですが、取得料金が安いからと取得をおこなっても更新料金が高いという独自ドメインがありますのでムームードメイン公式の価格一覧でご確認ください。

2022年01月06日の料金設定を紹介すると

  1. メールアドレスを.comにされたい場合は取得1年目:1,111円(税込)+ムームーメール代:年間1,320円(税込)更新2年目以降:1,728円(税込)+ムームーメール代:年間1,320円(税込)
  2. メールアドレスを.netにされたい場合は取得1年目:1,287円(税込)+ムームーメール代:年間1,320円(税込)更新2年目以降:1,628円(税込)+ムームーメール代:年間1,320円(税込)
  3. メールアドレスを.infoにされたい場合は取得1年目:374 円(税込)+ムームーメール代:年間1,320円(税込)更新2年目以降:1,848 円(税込)+ムームーメール代:年間1,320円(税込)
  4. メールアドレスを.jpにされたい場合は取得1年目:2,035円(税込)+ムームーメール代:年間1,320円(税込)更新2年目以降:3,344円(税込)+ムームーメール代:年間1,320円(税込)

独自ドメインのお支払いと更新について

  1. クレジットカード払い(VISA/Master/JCB/Diners/AMERICAN EXPRESS)
  2. おさいぼ払い(ポイントをコンビニ決済、銀行振込、クレジットカードなどで購入はできますが使用に関してはGMOペパボ株式会社が提供をおこなっているサービスのみお支払いが可能で商品の購入などには使用できせん)
  3. コンビニ決済(セブンイレブン、ローソン)
  4. 銀行振込 (三菱UFJ銀行、GMOあおぞらネット銀行)
  5. Amazon Pay払い
  6. お支払いについては月額払いはありません。年間払いのみです。

ムームーメールに必要な独自ドメインの料金

メールボックス容量は30GBと豊富 消費状況の確認について

ムームーメールのメールボックス容量は30GBです。メールアドレスは無制限に作成できメールの受信やメールの送信はメールアドレスごとに分けられていますが、

作成されたメールアドレス1つ1つに容量が割り当てられ使用されている容量が分かるという仕組みにはなっていません。また全体の30GBについてもどれくらい使用されているのか状況がわかる表示がありません。

しかしメールボックス容量30GBはGmailの2倍ほどの容量がありますので1年以上メンテナンスは必要がないかと思いますが、メールボックスの消費を回復させるためには作成をおこなったメールアドレスを削除する、受信をおこなったメールを削除する、送信済みのメールを削除する、受信拒否設定で登録をおこなったメールアドレスの登録内容を削除することでメールボックス(ディスク容量)が元に戻ってきます。

メールボックス容量の消費状況がわからないので気にされたくない場合はGmailやメールソフトに設定をおこないムームーメールのサーバーにはメールを残さないように設定をおこなうことで問題が解消されます。

ムームーメールの送受信に関しての容量制限と最大サイズについて

送受信の容量制限ということに関してはWEBメールの場合、メールソフトの場合という違いの説明はありませんでした。

  1. 1日のデータ転送量は5GB(5120MBもしくは5000MB)まで。メールに関するデータ転送量とはメールの受信容量およびメールの送信容量となります。メールの容量の参考例を出すとしても実際にメール内容をお見せしないことには伝えるのが難しいのですが600文字は2KBぐらいの容量になります。
  2. またこちらでは有料のメールアドレスサービスを数件申し込みをおこなってメールマガジンの購読をおこないWEBメールの説明をおこなっていますが、メールの容量が表示されるメールアドレスサービスで確認をおこなったところメールマガジンの容量はについては10MBから40MBぐらいまでと幅広くあります。
  3. メール送信は1時間あたり300件、もしくは1日あたり3,000件まで。メーリングリストとメールマガジンとしてのご利用は出来ませんのでご注意ください。
  4. 送受信できるメールの最大サイズはテキストと添付ファイルを合わせて100MBまで。

解約方法について

ムームーメールを解約されたい、もしくはムームーメールが解約手続きが出来ないという方はこちらのページをご覧ください。

  1. 解約手続きという項目はなく次回の更新手続き(1年契約)料金をお支払いをされないこと(更新を未設定にすること)で契約が終了します。
  2. ムームーメールは契約が終了するまでメールアドレスの作成、メールの送受信をおこなうことができます。
  3. ムームーメールおよびムームードメインの更新を未設定に変更後、契約が終了する直前まで更新を未設定から自動更新に変更することも可能です。
  4. ムームーメールにご利用されていた独自ドメインはネームサーバーをムームーDNSからレンタルサーバーの各ネームサーバーに変更をおこなうことでレンタルサーバーに設定をおこなうこともできます。
  5. ムームードメイン会員登録(ムームーID)を解約(退会)されたい方はムームーメールと独自ドメインの両方の契約が終了されている状態でないと会ムームードメイン員登録のを解約(退会)はできません。

ムームーメールの場合、次回の更新を停止させることで解約と同じ手続きを取ることが可能です。次回の更新手続きを停止させる方法や更新手続き停止をおこなった後に届くメール内容なども詳しく紹介しています。

暗号化、セキュリティ、迷惑メールなど

メール内容の暗号化対応:ムームーメールで作成をおこなったメールアドレスを利用してメール内容をGmailで受信しメールの内容が暗号化がされていたのかを確認をしました。標準的な暗号化(TLS)が利用されています。

ムームーメールで作成されたメールを相手先に送った場合のSPF設定について:SPF設定はおこなわれておりません。下記の画像の左上に?マークがついているのはそれが理由になります。SPF設定がおこなわれていない場合、セキュリティの高いメールサービスに送信をおこなうと迷惑メールと判断されてしまう可能性が高くなります。SPF設定方法はこちらで調べて実際におこなった際の説明ページあります

WEBメールの機能とサンプルについて

WEBメールのご利用を検討されている方はWEBメールのログイン方法からメールの作成、メールの受信に関してある程度の説明になりますが画像付きで説明をおこなっていますのでご覧ください。

  1. 迷惑メールに関する対応:WEBメールに関する公式サイトでは説明がありませんが以下の対応がWEBメールでの設定が可能です。(1)迷惑メールの可能性があるメールの対応設定(2)英語件名メールの対応設定(3)件名がないメールの対応設定。
  2. ウイルスに関する対応:送られてきたメールがウイルスメールの場合、ウイルスメール駆除後に駆除したことを通知するメールを送信いたします。その通知メールの取り扱いに関する設定ができます。

以下はご利用が出来ない機能です:

  1. WEBメール旧版およびベータ版では差出人、メールの件名をクリックもしくはダブルクリックをされても別ウィンドウでメールの詳細が表示されることはありません。
  2. WEBメール旧版およびベータ版では差出人、メールの件名を右クリックされてもメールの削除をおこなうことはできません。
  3. WEBメール旧版およびベータ版でメールの検索機能がありません。
  4. WEBメール旧版およびベータ版でメールに関して条件設定をおこない自動でフォルダに振り分けることができません。(手動は可能です)
  5. WEBメール旧版およびベータ版でアドレス帳がありません。

他社への設定、メールソフトの設定について

POPサーバー、IMAPサーバー、SMTPサーバーの設定をおこなうことでGmail、Outlook2019(Outlook Office365)、Windows8、Thunderbird(ver.5~)、Mac OSX Mail(ver.10.9~)、iPhone、iPad、GALAXY、Xperia、K9 Mail (Android) などでもご利用が可能です。

メールアドレスサービスよっては動作環境についてwindowsならバージョンは●●で動作を確認、ブラウザは●●で動作を確認などの説明をおこなっているもありますが、ムームーメールの場合は動作環境についての説明はありませんでした。

ムームーメール公式サイトでの説明は少しわかりづらい部分がありthunderbirdの説明についてはバージョンが古く、Sylpheed(シルフィード)についてはムームーメール公式サイトでは説明がなかったため、ポート番号などを参考にしつつ実際に設定をおこなってみました。ご利用については特に問題はないと思います。

  1. Gmailへの設定方法
  2. Thunderbird(サンダーバード)メールソフトへの設定方法
  3. Sylpheed(シルフィード)(メールソフト)への設定方法

暗号化、セキュリティなど

ムームーメールで作成をおこなったメールアドレスを利用してメール内容をGmailで受信しメールの内容が暗号化がされていたのかを確認をしました。標準的な暗号化(TLS)が利用されています。

SPF設定はおこなわれておりません。下記の画像の左上に?マークがついているのはそれが理由になります。SPF設定がおこなわれていない場合、セキュリティの高いメールサービスに送信をおこなうと迷惑メールと判断されてしまう可能性が高くなります。ムームーメールのSPF設定方法はこちらで調べて実際におこなった際の説明ページを作成しています。

口コミや利用者の意見を探したい場合

ムームーメールの場合はご利用されているかたもいらっしゃるので評判や口コミを探されたい場合はツィッターがおすすめです。クリックされればムームーメールに関する投稿が閲覧できるURLを掲載しております。ムームーメール – Twitter検索 / Twitter

説明は以上となります。実際にムームーメールに申し込みをおこない様々なことをおこなってみた補助ページというのもあります。参考になれば幸いです。

コメント