Yahoo!ドメイン取得申し込み方法と注意点

Yahoo!ドメイン(独自ドメイン) を実際に申し込んで取得をおこないます

Yahoo!で提供されている独自ドメイン取得サービスは、月額支払でも利用できますので実際に申し込みをおこなって独自ドメインの取得をおこないます。

その際の手順が記載されているページです。

「Yahoo!ドメイン – Yahoo!メールで独自ドメインを使おう!」というページからお申し込みをおこないますが、「Yahoo!ドメイン 」のページからお申し込んだ場合と同じサービスです。

Yahoo!IDは取得していますが、

(A)Yahoo!にログインをおこなっていない状態と

(B)Yahoo!ウォレットに支払方法法を登録していない状態で

進めていきます。

注意点について:
(A)Yahoo!で提供されている独自ドメインの取得には、事前にYahoo(ヤフーID)の取得が必要です。

(B)お支払いにはクレジットカードと銀行がありますがジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、楽天銀行のみで支払方法は口座引き落としのみです。

また申し込み途中でクレジットカードの登録項目はありますが、銀行に関してはジャパンネット銀行の口座の開設の案内しかないようですので、

銀行での支払いを検討されてる方は、先にYahoo!ウォレットには先に支払方法を登録することをおすすめします。

(C)Yahoo!ウィレット以外に、Yahoo!にはPayPayの登録ができますのでPayPayでのお支払いも選択できるかもしれません。

手順1:アカウントを決めます

アカウント名を入力してください。アカウント名は後で変更をおこなうことができませんので、きちんとお考えください。

今回はadomaru01というアカウント名を入力しています。6種類から選択ができるドメイン(独自ドメイン)については.comを選択しています。

操作について:
(A)例としてadomaru01を入力している状態です。空欄に「アカウント名」入力。

(B)ドメイン(独自ドメイン)を「.jp .com .net .org .biz .info」の6種類から選択。

ドメインによって料金が違います。おすすめは.comまたは.netです。

(C)最後に「ドメイン検索」をクリック。

手順2:独自ドメインの取得が不可能な場合、可能な場合

ドメイン検索をクリックするとドメイン検索中という表示がでます。その後、独自ドメインの取得についての結果が表示されます。

(1)独自ドメインが取得の不可能な場合の表示
例としてn-frontier.comというアカウント名を入力、独自ドメイン選択を.comを選んだ場合は、n-frontier.comは取得ができません。という表示がされます。

補足について:
n-frontier.comという独自ドメインの取得ができない理由は、こちらが既に所持をおこなっているためです。

操作について:
(A)ページに戻ってアカウント名を再度考える。
(B)独自ドメインの選択を.com以外にする。
2種類の方法が可能です。

(2)独自ドメインが取得の可能な場合の表示
取得できますという表示がされれば、そのまま購入手続きが可能です。

補足について:
こちらのページの中にジオプランをご利用中またはご利用予定の方はという記載がありました。ジオプラスはジオシティーズのオプションサービスだったと考えられます。

現在ではジオプラスは、ご利用はできません。

操作について:
問題がない場合は「購入手続きへ」をクリック。

手順3:独自ドメインの選択

独自ドメインの購入手続きをおこないますが、ログインをされていなかった方はここでログインの案内が表示されます。

ログインという表示をクリックしてください。ログインという表示をクリックするとログイン画面が表示されます。

ログインをおこなうと画面が切り替わります。さきほど取得をおこなおうとしていた独自ドメインが表示されます。取得するドメインの確認をおこなってください。

操作について:
ログインをおこなった後、問題がない場合は「次のステップへ」をクリック。

手順4:購入期間選択

契約期間についてですが、1か月、1年、2年、3年と選択が可能です。

補足について1:
Yahoo!ウェブホスティングライトコースの案内があります。Yahoo!ウェブホスティングの場合、WordPressやCMSといった2020年で流行されている

WEB構築プログラムのインストールサービスの機能がついていません。レンタルサーバーは別社をご利用ください。

補足について2:
Yahoo!ドメインで2個目の独自ドメインを取得される際、1個目を1か月単位でのお支払い選択をされた場合、2個目は1か月単位でお支払いの選択はできません。

他社の独自ドメイン取得サービスの場合は、1年単位での支払い、2年単位での支払いなど年単にのみあります。

操作について:
問題がない場合は「次のステップへ」をクリック。

手順5:契約状況の確認

1:注意事項のなかで気にする部分としては
「利用契約は、契約期間満了日の30日前までに当社の定める方法で解除のお申し出がない限り、自動的にお客様がお申し込み時に選択した契約期間と同期間またはお客様が更新時に選択した期間更新されます。

なお、お客様がお申し込み時に選択した契約期間が30日間以内である場合、本利用契約は、当月中に当社の定める方法で解除のお申し出がない限り、翌月も継続されるものとし、以後も同様とします。」

補足について:
月額の料金は月額286円+税28円ですが、解約をせずに8月に支払わなかったとします。しかし9月の料金請求には8月分の金額を上乗せされて、請求が求められるかもしれません。

通常、インターネット上のサービスではこの上乗せ請求はありませんのでどういった請求になるかはこちらでもわかりません。

操作について:
Yahooドメインのご契約条件を読んだうえ「同意しますの部分の左側の□」をクリックして☑を入れてください。その後「次のステップへ」クリック。

手順6:Whois情報入力(gTLDドメイン)

Whois情報入力の入力ページが表示されます。Whois情報入力の必要性を簡単に言いますと、(例)adomaru01.comを誰が所持をおこなっているかを伝えるためです。

Yahoo!ドメインに関わらず、すべての独自ドメイン取得サービスも同様です。

補足(代行公開情報について):
個人の方が住所や電話番号などの個人情報公開をおこなう場合、危険を伴うこともあるかもしれません。

そのため代わりにYahoo!の住所や電話番号の情報を載せるという代行公開情報サービスがYahoo!にもあります。イメージが湧かない方は手順7をご覧ください。

(1)登録者情報についての入力

操作について:
ホームページを作成して運営をされてる方などの個人情報公開は個人の判断になります。私の場合は、ホームページを作成して運営をおこなっていますがドメインの個人情報は公開せず代行を選択しています。代行料金の別途料金はかかりません。

(A)「個人名、会社名、団体名」
個人、社名、団体名の「いずれかを入力」*私の場合は個人名を入れています。

(例)Yamada Tarou  (例)Kawata Hanako

(B)そのほかの項目は、Whois情報代理公開の申込条件に同意して、お客様の情報の代わりにYahoo! JAPANの情報を登録する
個人情報を公開されたくない場合は「チェックが付いた状態のまま」にしてください。登録情報のBに☑が入ってる場合はYahooの住所、電話番号などが代行で表示されます。

(C)すべてお客様の情報を登録するは
サービスや販売の会社や団体として独自ドメインを取得する場合は、住所や電話番号などの情報を公開することにより安心されてサービスや購入される方もいらっしゃるかもしれません。

個人情報を公開されたい場合は「☑を入れて個人情報の入力」をされてください。
*社名、団体名で取得される方は社名、団体名がある住所や郵便番号で問題ありません。

(2)管理者情報

操作について:
ホームページを作成して運営をされてる方などの個人情報公開は個人の判断になります。私の場合は、ホームページを作成して運営をおこなっていますがドメインの個人情報は公開せず代行を選択しています。代行料金の別途料金はかかりません。

(AとB)管理をおこなう方の姓名を入力
(A)「姓を入力」してください。例:Tarou 例:Hanako
(B)「名を入力」してください。例:Yamada 例:Kawata

(C)そのほかの項目は、Whois情報代理公開の申込条件に同意して、お客様の情報の代わりにYahoo! JAPANの情報を登録する
個人情報を公開されたくない場合は「☑が付いた状態のまま」にしてください。登録情報のBに☑が入ってる場合はYahooの住所、電話番号などが代行で表示されます。

(D)すべてお客様の情報を登録するは
サービスや販売の会社や団体として独自ドメインを取得する場合は、住所や電話番号などの情報を公開することにより安心されてサービスや購入される方もいらっしゃるかもしれません。

個人情報を公開されたい場合は「☑を入れて個人情報の入力をされてください。
*社名、団体名で取得される方は社名、団体名がある住所や郵便番号で問題ありません。

(E)メールアドレスの有効性が確認できない状態が15日間以上続くと、ドメインの利用制限の措置(詳細)が行われます。必ず有効性があるメールアドレスをご登録ください。

左の□に「☑を入れて、入れた状態のまま」にしてください。最後に「入力完了」をクリック。

手順7:Whois情報確認

Whois情報を確認してください。

補足について:
情報代行を選択された場合は、代行公開情報という表示がされます。代行公開情報はYahooの会社の郵便番号、都道府県、市町村、電話番号、国・エリアが表示されることになります。
代行を選択されても個人名、法人名、組織の部分とメールアドレスの部分は代行されません。

操作について:
問題がない場合は「購入手続きへ」をクリック。

手順8:Yahoo!ウォレット登録をされていない方

お支払い方法の登録されていない方はYahoo!ウォレットの登録をおこないます。

補足について:
こちらのページでは銀行お支払いにジャパンネット銀行のみ表示されていますが、独自ドメインの申し込み前にYahoo!ウォレットに登録をおこなうと、

ジャパンネット銀行、三菱UFJ銀行、楽天銀行の3つの銀行のいずれかを登録できます。

しかしYahooウォレットの場合、銀行に関しては銀行口座の引き落としの登録になりますので登録には時間もかかります。

操作について1:
今回はクレジットカードの登録をおこないました。クレジットカードまたはジャパンネット銀行の口座を開設後に「登録」をクリック。

操作について2:
Yahoo!ウォレットに既に登録されてる場合は購入内容の確認が表示されます。

手順9:購入内容の確認と購入完了

購入内容の確認が表示されます。購入内容の確認の際に、お支払い方法の選択が可能です。

今回はこちらの例を表示させます。

(A)商品名
Yahoo!ドメイン gTLDドメイン費用(月額)

(B)価格
月額286円+税28円

(3)Yahoo!プレミアム(月額462円+税46円)に登録する。(1か月無料)
Yahoo!プレミアム会員になると、商品によってプレミアム会員割引価格で購入できるなど様々な特典が受けられます。

(4)お支払い方法
Yahoo!ウォレット
VISA************●●●変更

操作について:
今回はYahooプレミアムに登録はおこなっていません。お支払い方法の選択についてですがYahoo!ウィレット以外にPayPayの登録ができますので、PayPayでのお支払いも選択できるかもしれません。

購入内容に間違いがなければ「購入する」をクリック。

購入完了

ご利用ありがとうございます。以下の商品の購入手続きが完了しました。

内容は上記と同じですので省略します。

操作について:
購入手続きが完了するとメールが届いていますのでご確認ください。メールに関しては下に記載があります。

手順10:メールの確認について

今回の連絡用メールアドレス登録にはGmailのメールアドレスを登録しています。Gmailにログインをおこない届いたメールを確認しましたが、迷惑メールフォルダの中にメールが移動されていました。

Gmailを連絡用メールアドレスに登録された場合は、他の方も迷惑メールフォルダにメールが届いてる可能性が高いです。

操作について:
1:メール内に記載されている「URLをブラウザにコピーをして」表示をおこなってください。

2:ブラウザに表示された画面のお客様のドメイン名情報を確認して
[Verify Information]をクリック。

これでYahoo!ドメインの取得ができました。説明を終わります。お疲れ様でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする