有料メール アドレス 取得方法

有料メールアドレスを作成して取得するまでの
方法や機能、メリットをご紹介

有料メールアドレスの利点(メリット)やおすすめの有料メールアドレスサービスのご紹介、ウェブメール・ポップメール・料金価格・作成できる個数・メールボックスの容量、独自ドメインが使用できるメールサービス情報。さらに大量作成・メール転送・メーリングリストなど出来るメールアドレスをご紹介。

有料メールアドレスのメリットとしてプロバイダーメールの場合はプロバイダーを変更した場合、使用できなくなりますが独自で申し込む有料メールアドレスの場合はプロバイダーを変更されても、そのままご利用いただけます

おすすめの有料メールアドレスの作成と取得方法

有料メールアドレスの取得方法は、まず有料メールサービスにアクセスします
お申込みを行い、無料でお試し出来る場合はメールアドレスの作成から始めることができます
WEB(ウェブ)メールでメールを送ってみること、添付ファイルをつけてメールを送信してみる作業をしてみて、利用しやすいと感じた場合はお支払い期間までに入金をされてください

POP(ポップ)メールをご利用されたい場合もお試し出来るサービスはメールアドレスの作成からメールソフトの設定を行いメールの送受信ができます

有料メールアドレス、ご利用までの大まかな流れ
サービスを見る→ お申込みを行う→ お試しで利用してみるウエブメール・ポップメール
→ お試し期間中に利用するか判断する →実際に利用する

各有料メールアドレスサービスの違い
(1)お試しの利用が可能・不可能
(2)メールアドレスの作成数の違い
1回のお申込みで通常1個のみメールアドレスが作成でいると思う方の方が多いと思いますが10個から無制限に作れるサービスもあります

(3)メールボックスの容量の違い
こちらで掲載されているサービスではメールボックスの容量が10MBから最大2GBあたりまで違います(10MBをGBに直すと0.01GBです)

(4)WEBメールの利用/不可能・POPメールの利用/不可能
(5)パソコンからの利用/不可能・携帯(スマートフォン/アイフォン)からの利用/不可能

(6)メール転送の利用/不可能・自動返信の利用/不可能・メーリングリストの利用/不可能

(7)独自ドメインの利用が可能/不可能

(8)お支払い方法の違い

メールアドレスの知っておきたい機能

WEB(ウェブ)メール(手順が簡単です)

お申込みを行いIDとパスワードを取得しブラウザ上でログインしてメールアドレスを作成して
ウェブ上でメールの送受信を行うサービスです
(ブラウザとは現在このサイトをご覧になられてるソフトの総称です

インターネットエクスプローラー(IE)・Google Chrome(クローム)など

WEBメールのメリット

・パソコンや携帯(アイフォン/スマートフォン)タブレットのメールソフト設定がいりません
端末とID,パスワードがあればホテルなどでもログインしてメールの送受信ができます

・メールが多くても自分の端末には直接の容量負荷が掛かりません。サービス側のメールサーバーに負荷がかかっています。

・自分の端末にはメールを保存作業(コピー)などをしないと残せません。

・容量制限があるため定期的にメールはブラウザの操作で削除しないといけません

*例としてメールボックスの容量が2Gぐらいだと1万件以上のメールを蓄えることが出来ます

POP(ポップ)メール(手順が少し難しいです)

お申込みを行いIDとパスワードを取得し、ログインしたサービスでPOPメールの送受信に必要な情報を取得してメールソフトの設定を行いメールの送受信をするサービスです

POPメールのメリット

メールを受信したら、メールサービス(メールサーバーともいいます)側にはメールが残りません。端末(パソコンや携帯の方)にメールの容量の負荷が掛かりますが、メールを消す消さないはサービス側の容量に関係なく利用が可能です。メールを自分の端末に残せます

*メールアドレスサービス側のメールアドレスボックス容量が少ない場合は、マメにメールの受信が必要です

メールアドレスの知っておきたい補助機能

自動返信機能

あらかじめ決めたメールの内容を送られてきたメールアドレスに自動で送信します

(仕事などで使用)

メーリングリスト機能

指定したメールアドレス数個に対して同じメール内容を一斉送信します

(仕事関係、団体などで使用)

メール転送機能

あらかじめ登録しているメールアドレスにメールが転送されます

受信許可・拒否の設定・変更機能

宛に送られてきたメールに対して、受信許可・拒否の設定・変更が行えます

(迷惑メール対策で使用します)







シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする